熱中症を回避する方法の詳細について

This page:TOPへ戻る > 熱中症を回避する方法

熱中症を回避する方法

暑い季節には熱中症になる危険があります。しかし、熱中症は意識して対策をすることで回避することができます。室外では直射日光をさけることや、すぐに水分補給ができるように飲み物を携帯しておくと良いです。室内であっても安心できず、部屋の温度が上昇しすぎると危険です。室内で有効な対策はエアコンを利用することです。人によってはエアコンが苦手であったり、電気代が気になるという人もいます。あるいは、エアコンの無い部屋もあります。そのような場合には、濡れタオル等で定期的に体を拭いて冷やすと有効です。こまめに水分補給をすることは大事なことです。高齢者では、喉の渇きを感じるのが遅くなる人もいるため、喉が渇いていなくても定期的に水分補給をすると良いです。就寝中も暑く辛い状況が続く時があるので、風通しの良い薄着の衣類を着用すると良いです。就寝前に水分を補給しておくと良いです。熱中症にならないために、暑い時期は予防や対策を心がけることが大事です。

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001